社協ブログの記事一覧

新年初風呂ふれあいの集い

1月11日(金)森田高齢農業者生きがいセンターにおいて、森田地区シルバークラブ、森田身体障害者福祉会、森田地区母子寡婦福祉会のみなさまにお集まりいただき、新年初風呂ふれあいの集いを開催いたしました。

参加者のみなさんは、温泉に入ったり、唄や踊りを楽しんだり、お楽しみ抽選会で「新年の運だめし」をしたりと、盛り上がっていました。

また、ボランティアグループ やまぶきの会のみなさんが丹精込めてつくったお赤飯も振る舞われ、舌鼓を打っていました。

2019年1月15日

たくさんの寄付をいただきました

木造中学校福祉委員会よりたくさんのプルタブと、バザーの売上金より寄付をいただきました。

ありがとうございました。

地域福祉のために有効に使わせていただきます。

2019年1月4日

わら工芸体験交流会

12月23日(日)森田保健福祉センターにおいて、森田町内の小中学生を対象とした、わら工芸体験交流会を開催いたしました。

森田地区に伝わる郷土文化を若い世代に伝え、世代間の交流により「共に支え合う社会」のこころを育むために行われております。

なお、今年も講師として、わら工芸のボランティアさんをお呼びして、「ミニしめ縄リース」をつくりました。

ハイ、チーズで記念写真

今年もかわいい「ミニしめ縄リース」ができました

参加者のみなさん、ボランティアのみなさん、師走の大変お忙しい中、本当にありがとうございました。

来年もまたみなさまにとって良い年でありますように・・・

2018年12月23日

一人暮らし高齢者・高齢者夫婦世帯 ふれあい食事会

12月20日(木)森田保健福祉センターにおいて、森田町内で福祉安心電話を設置している、一人暮らし高齢者・高齢者夫婦世帯のみなさんにお集まりいただき、ふれあい食事会を開催しました。

みんなで介護予防体操をしたり、楽しくおしゃべりしながらお弁当を食べたり、ビンゴゲームをしたり、楽しいひとときをすごしました。

なお、食事会はボランティアグループ やまぶきの会のみなさんにお手伝いいただきました、ありがとうございました。

美味しそうなお弁当ができました~

今日の献立は、お正月料理をイメージしたそうです

介護予防体操をみんなで楽しくしました

参加してくれた方が歌を披露してくれました、ありがとうございます。

 

お問い合わせはお気軽に、つがる市社協森田支所事務局まで

電 話: 0173-26-3836  F A X :   0173-49-7006

メール:morita@tsugarushakyo.jp

2018年12月20日

森田身体障害者福祉会・森田地区母子寡婦福祉会合同研修会

12月6日(木)柏ロマン荘において、森田身体障害者福祉会・森田地区母子寡婦福祉会のみなさんにお集まりいただき、合同研修会を開催いたしました。

研修会では福祉安心電話の実物を使っての説明や地域にある社会資源をうまく活用して、安心して生活ができるよう情報共有・情報交換を行いました。

なお、森田身体障害者福祉会・森田地区母子寡婦福祉会では会員募集中です。

詳しくは、お気軽に、つがる市社協森田支所事務局まで

電 話: 0173-26-3836  F A X :   0173-49-7006

メール:morita@tsugarushakyo.jp

2018年12月7日

デイサービスセンターあーすとぴあ&もりた保育園のふれあい交流会

11月30日(金)森田保健福祉センターにおいて、デイサービスセンターあーすとぴあ&もりた保育園のふれあい交流会を開催いたしました。

もりた保育園園児の3歳児(さくら組)・4歳児(ゆり組)・5歳児(ひまわり組)の全59名の園児による、お遊戯を披露していただきました。

観覧者の中には、感極まったのか涙ぐむ方がいたり、みなさん大変喜んでいました。

もりた保育園園児のみなさん、先生方、今日は素敵なひとときをありがとうございました(^_^)

2018年11月30日

第14回 つがる市社会福祉大会が開催されました

11月10日(土)つがる市生涯学習交流センター「松の館」において、第14回つがる市社会福祉大会が開催しました。

オープニングでは、車力小学校による元気なラインダンスを披露していただきました。

第1部は、つがる市内の小中学校による福祉の作文発表が行われました。

第2部は、つがる市の社会福祉向上のため、地域で活躍されている個人9名及び7団体に対し、表彰状・感謝状が授与されました。

第3部では、福祉団体によるチャリティー芸能ショーが行われました。日頃社会福祉協議会とかかわりのある福祉団体による、歌や踊りで会場を盛り上げてくださいました。

また、ギャラリーにおいてはつがる市内の学校の福祉パネルの展示や介護用品の展示・介護相談、災害時にあると便利なグッズや非常食の展示等も行いました。

寒い中、参加してくださった方、関係者の皆様、ありがとうございました。

2018年11月16日

稲垣小学校で福祉体験

平成30年11月8日(木)稲垣小学校にて、4年生を対象に「高齢者疑似体験・車いす体験」を行いました。

高齢者疑似体験セットを装着すると、手足を上げたり曲げたりしにくくなったり、目も白内障のようにかすみ、見えにくくなります。

児童は、このセットを装着し、買い物体験やお絵かき体験、飲み物のキャップを開ける体験などをして、動きにくさ、見えにくさを体感しました。

「うまくお財布が開かなくて大変。」 「ペンでうまく絵が描けない。」

「見えにくい色があるなぁ。」 「ペットボトルのキャップをあけられない。」

「歩くのが大変。」

皆さん、いろいろと感じたようです。

(高齢者疑似体験セットを装着)

 

 

 

 

 

(輪投げ体験。うまく投げられるかな)

 

 

 

 

 

(プルタブ、キャップ開け体験。飲み物をうまく開けられるかな)

 

 

 

 

 

車いす体験では、自分が車いすに乗って押してもらったり、自分で押して操作したりしました。平坦でまっすぐな所は簡単と言って操作していましたが、曲がりくねった所を進む時や、マットの上を通った時は、マットにタイヤをとられてなかなか進めず大変だということを感じておりました。

2つの体験を通して、普段は当たり前にできる動きや移動ができなかったり、困難な人もいること、そうした人にこれからどう接すればいいのか、理解を深めました。

2018年11月14日

稲垣地区高齢者芸能発表会

平成30年11月6日(火)稲垣交流センターにて、稲垣地区老人クラブ共催のもと「稲垣地区高齢者芸能発表会並びに会員交流会」が開催されました。

 

第1部アトラクションでは、いなほ保育園、しげた保育園の園児がお遊戯を披露してくれました。

 

第2部会員交流会では、「芸能発表会」として各地区より、唄自慢・踊り自慢が演目を披露して下さり、会場はおおいに盛り上がり、皆さま楽しい時間を過ごされておりました。

稲垣町内の芸達者さまが集結、ステージで披露して頂きました!

 

楽しい時間に皆さま終始、笑顔でした (^^♪

 

森田地区高齢者秋のスポーツ大会(ミニボウリング大会)

10月26日(金)生きがいセンターにおいて、森田地区シルバークラブ、森田身体障害者福祉会、森田地区母子寡婦福祉会のみなさんにお集まりいただき、森田地区高齢者秋のスポーツ大会(ミニボウリング大会)を開催いたしました。

みなさん、ボウリングは馴染みがあるようでとても上手に楽しんでいました。

なお、平成30年度の優勝は「漆館友の会 Aチーム」でした。

おめでとうございます。(^O^)

開会にあたり、森田地区社会福祉協議会 鳴海会長よりごあいさつ

ケガをしないように、みんなでラジオ体操

今日使用する、ビーンボウリングです

緊張する第一投!

投げました~!このコースはストライクかな?

2018年10月26日